作詞 松田晋二
作曲 THE BACK HORN

夢の花

いつの日からだろうか こんな風に上手に人込歩く靴を履いたのは
むせ返る夏の雨 この町に来た頃は
傘も差さないで 無邪気に笑ってた
土砂降りの現実 ずぶ濡れの心で 
僕等震えながら 瞼を閉じた

夢の花想像をさえ 超えるような色に染まれ
その時まで 涙拭いてゆくのさ
今 荒れ果てた君の中に 一握りの種を撒いた
そしていつか強く咲き誇るように

自分さえ愛せずに 人を愛せはしない
比べた数だけ 汚れてく涙

雨上がり朝日 未来を重ねたら
見えたような気がした 光の中で
夢の花 想像さえ超えるような色に染まれ 
その時まで 涙拭いてゆくのさ
今 歩き出す君の中に 自分らしい水を撒こう
そしていつか 強く咲き誇るように

范 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()