目覚めると俺は 夜の底まで
落ちていたよ 真っ暗な部屋の中
滲む明かりは 浮世の夢
いつの間にか 眠ってしまっていた

街の灯が咲いた 帰り道には
寄りそうように 俺も座って
今日を越えて行けるように 歌うんだ

気の触れた風が 泣いている
変わる事に慣れた ビルの影
「強くなれ」なんて 吐き捨てた
濁る心 感じてる

夜空に届きそうで 手を伸ばしてしまうような
気持ちがいつしか 消えて果てる時…
歌は死ぬだろう

笑った顔が切なくて
こんな日々が いつまでも続けばと
透明な雨に打たれた 消えてった

もし慣れることが やさしさで
許すことのできる 強さなら
忘れぬようにと つないだ手
ほどいた時 飛べるのか

空、星、海の夜
生き急ぐように 身を焦がして
このまま生くのさ
強く望むなら 歌が導くだろう

気の触れた風が 泣いている
変わる事に慣れた ビルの影
「強くなれ」なんて 吐き捨てた
濁る(にごる)心 感じてる

夜空に届きそうで 手を伸ばしてしまうような
気持がいつしか 消えて果てる時…

空、星、海の夜
生き急ぐように 身を焦がして
このまま生くのさ
強く望むなら 歌が導くだろう

范 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()